トランバン

 ◆国名
    インドネシア共和国 (Republic of Indonesia)


 ◆場所
    


 ◆旅事情
 言語 : インドネシア語 (ホテルなどでは英語も通じる)
通貨 : インドネシア・ルピア(100Rp=1円)
電気 : 220V 丸2ピン(Cタイプ)
時差 : −1hr
査証 : 必要 (ビザは現地の空港で取得 US25ドル)
気候 :
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温(℃)313131313131303030313131
最低気温(℃)242424232323232323232424
降雨量(mm)34728821495767150244190155293
気候雨期乾期雨期


 ◆旅行記
2011年5月10日(火)
今年のGWは5/1〜9まで9日間の日程で、インドネシアはバリ島の【トランバン】へ潜りに行ってきた。

場所はこの辺↓


行程は、
中部国際空港 →(国際線:6hr)→ シンガポール →(国際線:2.5hr)→ デンパサール →(車:3hr)→ トランバン

セントレアからデンパサールは直行便があるけど、今年は世間も休みが長いんで直行便はとれんかった (>_<)
どうせ経由便なら、一番乗り心地の良いシンガポール航空を選択。

やっぱシンガポールエアは快適やわ (^-^)v


経由地のチャンギ空港も飽きひんし。


バリ島に着いても空港からトランバンまでは陸路が3時間掛かるんで、朝7時に家を出てトランバンのホテルに到着するのは夜中0時。

滞在したホテルはトランバン周辺では一番良いと言われてる≪ミンピリゾート トランバン≫。



素直な感想は「大したことない普通のホテル」。
シャワーは温度も湯量もあるけど‘外’やし、ベッドにダニが多い。
(もし、また泊まるならダニスプレーは必須)



朝食だけは付いてて3種類から選べる。


昼食や夕食は実費。(結局、昼食は一度もホテル食べんかったし、夕食も2回だけ)
面倒くさいのは、ルームサービスもサインじゃなくその場で支払いしないといけないこと。

味は、マズくもなくウマくもなく、普通。
金額は、料理はどれも300-400円と安いのに、飲み物の価格が異常に高い、コーヒーですら600円もする ( ̄^ ̄)

ホテル内にもダイビングショップが入ってるけどそこは使わずに、現地サービスは≪NOBLE*BALI≫を利用。


NOBLE*BALIは、ミンピから歩いて5分ぐらいの所にあるショップ。
オーナーは日本人女性で、バリ人と結婚して8年前から現地在住。

このショップを選んだ理由は、オーナーが撮った写真が素晴らしかったから。
水中写真が巧いってことは、ポイントを熟知してて、生物にも詳しいってことやからね。

ゲストは少なくて、後半4日間はお兄達の貸切状態。
そのため、お兄とバディの2人に、水中ガイドが3人+陸上スタッフが1〜3人が付く状態やった (^^)

トランバンは全てビーチダイビング、それもお兄が一番苦手なコブシ大の丸い石だらけのビーチ。

でも、NOBLE*BALIのサービスは至れり尽くせりで、器材のセッティングや移動はもちろんスタッフ任せ。
自分はフィンとマスクを持って海に入れば、器材やカメラなどはスタッフが腰の水深ぐらいまで持ってきてくれるし、EX時も取りに来てくれるんで、波打ち際でゴロゴロすることもなく、カメラも安全 (^-^)b

昼食はリクエストで、レストランでもローカルでも可。

ローカル料理が辛くて美味しい、お兄の口に合う (^〜^)

夕食もホテルでは食べずに、ショップで現地家庭料理を食べることがほとんどやったわ。




NOBLE*BALIは、早朝〜ナイトまで、フル参戦なら1日5本潜れる。(ナイトロックスも使えるので、体は楽)
それも1本の時間がたっぷりで、お兄はエア切のため最後はシュノーケルで戻ることが8回もあった(笑)

5/2(月) 気温:29℃ 水温:28-29℃ 天気:晴れ→曇り→雨
1本目:『沈潜・右』 透明度:15m 最大水深:22.7m 潜水時間:73分
2本目:『沈潜・右』 透明度:15m 最大水深:28.4m 潜水時間:61分
3本目:『沈潜』 透明度:10m 最大水深:20.4m 潜水時間:69分
4本目:『沈潜・右』 透明度:10m 最大水深:18.9m 潜水時間:77分

5/3(火) 気温:29℃ 水温:28-29℃ 天気:曇り→晴れ→曇り
1本目:『沈潜』 透明度:10m 最大水深:32.5m 潜水時間:72分
2本目:『ドロップオフ』 透明度:15m 最大水深:30.9m 潜水時間:90分
3本目:『ドロップオフ・左』 透明度:8m 最大水深:28.6m 潜水時間:100分

5/4(水) 気温:29℃ 水温:27-29℃ 天気:晴れ→曇り
1本目:『沈潜』 透明度:10m 最大水深:21.5m 潜水時間:84分
2本目:『ドロップオフ』 透明度:15m 最大水深:32.2m 潜水時間:71分
3本目:『コーラルガーデン』 透明度:10m 最大水深:21.8m 潜水時間:96分

5/5(木) 気温:29℃ 水温:28-29℃ 天気:曇り→大雨
1本目:『沈潜』 透明度:10m 最大水深:22.0m 潜水時間:76分
2本目:『コーラルガーデン』 透明度:10m 最大水深24.9m 潜水時間:81分
3本目:『沈潜・右』 透明度:10m 最大水深:22.4m 潜水時間:84分

5/6(金) 気温:29℃ 水温:28-29℃ 天気:曇り→雨→曇り
1本目:『スラヤポイント』 透明度:5m 最大水深:27.9m 潜水時間:76分
2本目:『スラヤポイント』 透明度:5m 最大水深24.1m 潜水時間:84分
3本目:『沈潜・右』 透明度:1-7m 最大水深:27.1m 潜水時間:76分

5/7(土) 気温:29℃ 水温:28-29℃ 天気:曇り→晴れ→雨
1本目:『沈潜・右』 透明度:7m 最大水深:31.2m 潜水時間:65分
2本目:『ドロップオフ』 透明度:10m 最大水深:32.6m 潜水時間:81分
3本目:『ミンピ前』 透明度:10m 最大水深:30.8m 潜水時間:92分
4本目:『沈潜・右』 透明度:10m 最大水深:26.4m 潜水時間:87分
5本目:『パラダイス前』 透明度:8m 最大水深:16.8m 潜水時間:77分


お兄が潜ったのは6日間で21本。(内、早朝3回、ナイト2回)
トランバンはマクロメインやと思ってたけど、意外とワイドの出番もあって『沈潜』『ドロップオフ』『コーラルガーデン』は、マクロもワイドも両方欲しいポイント。
一番面白かったのは『沈潜・右』やな、マクロ系が豊富で且つレア、計7本入ったわ (^0^)

ダイバー慣れしてるのか、生物は全体的に寄りやすい。
特にハゼ類の引っ込まない感が強かったな〜、オドリハゼですらガッツリ寄れる。

気をつけないといけないのは、ガヤ。
肌色のガヤがやたら多くて、これが刺す。
首、手首、足首など、ちょっとだけ素肌が出てるところが、痛痒い (>_<)


ダイビングは凄く面白かったけど、天候が残念やった。。。
インドネシアは雨期乾期がハッキリ分かれていて、バリ島は雨期が11-3月で乾期が4-10月。
5月はすでに乾期のはずなんやけど、それに反して天気はかなり悪かった< (・・、)

晴れても長続きせず、すぐに曇って雨が降る、それもスコールじゃなくずっと降り続く雨で、夜は毎晩明け方まで雨、まるで雨期の真っ只中みたい (X_X)
ガイドさんによると、昨年は明確な乾期が無かったそうで、世界的な環境変化は加速度を増してるなぁ。

最終日はホテルを11時にチェックアウトして、デンパサールへ。



途中、予約しておいたラヴィで2時間の全身マッサージ。


その後1時間ほど買い物をして、空港にチェックイン。


日本に到着したのは翌朝9時。

TOPへ 旅行記トップへ サイトマップへ


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO