ポナペ

 ◆国名
    ミクロネシア連邦ポンペイ州 (Pohnpei State, Federated States of Micronesia)


 ◆場所


 ◆旅事情
 言語 : ポンペイ語 (現在の公用語は英語)
通貨 : USドル
電気 : 120V 縦2ピン(Aタイプ)
時差 : +2hr
査証 : 不要 (パスポートの有効期限が3ヶ月以上)
気候 :
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温(℃)303030303131313131313030
最低気温(℃)232323232424242424242323
平均水温(℃)262627282829292929282726
降雨量(mm)290280380495490400470430440430450410
気候乾期雨期乾期


 ◆旅行日程 1998/12/24 〜 12/30
日付場所内容宿泊
1日目関空 → グアム移動(夜:発 深夜:着)グアム空港内
2日目グアム → ポナペ昼:着 レンタカーを借りて島内観光ポナペ
3日目ポナペダイビング 3DIVEポナペ
4日目ポナペダイビング 3DIVEポナペ
5日目ポナペダイビング 2DIVEポナペ
6日目ポナペ → グアムナン・マドール遺跡とケプロイの滝を観光  深夜:発グアム空港内
7日目グアム → 日本移動 


 ◆アクセス
    関空 → グアム : 飛行機(国際線) 3時間(直行便)
    グアム → ポナペ : 飛行機(国際線) 3時間半(トラック経由)
    


 ◆宿泊 ジョイ・ホテル
    
    立地はコロニアの中心                 日本人経営のホテルです

    
    部屋は快適、ベランダも広い               廊下


 ◆観光
    ●島内観光
     
     レンタカーを借りて                     これが町の中心にあるメインストリート

     
     スペイン砦                         ドイツ鐘楼       お釈迦様が十字架を背負ってます

     道路は島を一周してますが、すぐに舗装がなくなり、東西どっちへ向かってもジャングルに突入します。
     車で島を一周しようと思ったら4WDのクロカンが必要 (^^;)
     ちなみに、舗装道路がなくなってからは飲み物を買う処もないので、軽食持参が無難、車で一周するのに約6時間らしい。
     そして、観光ポイントはすべて市街地にあるので、一周してもジャングルの木々以外ホントにな〜んにも無いそうです(笑)

     ポナペは100年間にわたって、スペイン、ドイツ、日本、アメリカなどの外国による支配を受けていたので、その当時の統治国の色を強く
     反映した建物が多く残っています。
     日本統治時代が25年間あったため、島のお年寄りは日本語を話せます。


    ●ナン・マドール遺跡ケプロイの滝ツアー
     
     小型ボートに水着を着て乗り込みます     途中でシュノーケリング、流れが速いのでドリフトが楽しめます(笑)

     
     遺跡の大部分は水没しています         まだ陸上にある部分を観光           すべて玄武岩の石造りです

     
     ケプロイの滝                    滝壺で泳げます    木に登って椰子の実を落とす

     陸路でも行けますが、海まわりで行くツアーに参加するのが無難でしょう。
     シュノーケリングをするのは、海というより水路のような場所で、川のように流れてます、水深は2〜3m。
     ナン・マドール遺跡は有名なのでウンチクは省略します(笑)
     ケプロイの滝では泳げますが、川の水なのでとっても冷たいですよ (>。☆)
     滝壺の岩の間には巨大ウナギがいます。
     ツアーの最後は、ヤシの実をとって飲ませてくれます。


TOPへ 旅行記トップへ サイトマップへ


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO