フィリピン1〜6回目

 ◆国名
    フィリピン共和国 (Republic of the Philippines)


 ◆場所
     


 ◆旅事情
 言語 : フィリピノ語(マニラではタガログ語、セブではビサヤ語など地方により違うが、英語も通じる)
通貨 : フィリピン・ペソ(1P=2円)
電気 : 230V 縦2ピンが多い(A、C、B3、Oタイプ)
時差 : −1hr
査証 : 不要 (パスポートの有効期限が6ヶ月以上)
気候 :
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温(℃)303133343433313131313130
最低気温(℃)212122232424242424232221
降雨量(mm)135122311629039448935019814566
気候乾期暑期雨期乾季
台風


 ◆旅行日程
    1回目:1995/ 5/ 7 〜  5/13
    2回目:1997/ 3/14 〜  3/21
    3回目:1997/ 5/18 〜  5/31
    4回目:1997/ 6/ 9 〜  6/19
    5回目:1997/10/ 6 〜 10/25
    6回目:1997/11/27 〜 12/06

    すべて仕事での渡比で、休みの日に観光に行きました。


 ◆アクセス
    関空 → マニラ : 飛行機(国際線) 4時間
    
    マニラ湾の海の色は、まっ茶色         ニノイ・アキノ空港


 ◆宿泊
    ●1回目/MANILA GALLERIA SUITES
     
     マニラ市エドサ地区にある高層ホテル

     
     ベッドはキングサイズ               ホテルのランクは4つ星


    ●2回目/MANILA GALLERIA SUITES
     
     ベッドルーム                    リビング

     
     一人なのに部屋広すぎ (^^;)


    ●3回目/Byron EDSA Hotel
     
     マンダルーヨン市にあるホテル          ここは落ち着けるサイズでした


    ●4回目/MANILA GALLERIA SUITES
     
     またギャレリアスイーツ              ホント、無駄に広い


    ●5回目/Byron EDSA Hotel
     
     長期滞在にはこのホテルが落ち着く


    ●6回目/Robbinsdale Hotel
     
     ケソン市にあるホテル               なんかホテルっぽくない部屋です


    初めてフィリピンへ行ったときに、飛行機から見たマニラ湾の海の色は衝撃でした ( ̄。 ̄;)
    青さはまったく無く、本当に茶色のみ。
    にも関わらず、養殖用の囲いなどがある…。
    海産物は火を通したモノしか食べないと心に誓いました(苦笑)

    ホテルは、かなり立派なところに泊まってました。
    フィリピン側の会社がとってくれてるので、料金は知りません (^_^;ゞ
    ただ、帰ってくるのは夜中の2〜3時なので、毎日バタンキューなんですが。

    雨季の雨はハンパじゃありません、景色が霞んで見えなくなるほど降ります。
    そして水はけがとても悪いので、あっと言う間に足首、膝と水嵩が増していき、1時間も経たないうちに腰の高さを越えます。
    町中が瞬く間に湖と化す、車が浮くってことを初めて知りました (+_+)


TOPへ 旅行記トップへ サイトマップへ


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO