ネタバレ感想
必ず本編を読んでから見て下さい、犯人やトリックが解ってしまいます

四季 冬
森博嗣講談社256項2004年 3月
ストーリーの大半は四季と其志雄(別人格)の会話。
つまり天才の思考です。
ついて行けない部分もありましたが、凡人の私には当然なのでしょう。

4部作で閉じると思っていたのに、まさか先へ進むとは、驚きです。
どこまで繋がるのか、繋げる気なのか、森博嗣。

『女王の百年密室』のサエバ・ミチルは、四季の娘(クローン)です。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO