ネタバレ感想
必ず本編を読んでから見て下さい、犯人やトリックが解ってしまいます

四季 春
森博嗣講談社272項2003年
あまりにも有名、あまりにも天才、真賀田四季。
空間、そして時間からも乖離する彼女の少女時代。
ミステリーな謎なんてどうでもいい、真賀田四季に陶酔です。

最初混乱しましたが (^^; 読み方が分かればとても読みやすい。
メインの登場人物は2人、人格は4人。
奇数項の『僕』は、真賀田四季の別人格‘栗本其志雄’。
偶数項の『僕』は、真賀田其志雄の別人格‘透明人間’。

「赤緑黒白」とリンクする部分がいくつかあります、特に瀬在丸紅子との図書館での会話はニ作品で一つになってます。
「赤緑黒白」を再読、凄い、評価し直しました。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO