ネタバレ感想
必ず本編を読んでから見て下さい、犯人やトリックが解ってしまいます

零崎軋識の人間ノック
西尾維新講談社329項2006年10月
え〜、今回も名前付きで登場する人物は、全員が全員、天才ばけものです(笑)

主役は、一賊史上最も荒々しく最も容赦ない手口で人を殺してきた殺人鬼、半ば伝説として語られていた零崎一賊の大将、零崎軌識。
ところが、いざフィーチャーしてみると、これが実に、、、愛すべきダメ野郎でした、唾棄すべきダメ野郎でした。


戯言シリーズでは、すでに死んじゃってる子荻ちゃんや玉藻ちゃんが、今作では自分でレクイエムを奏でるがごとくの占有率。
本編では名前しか登場しなかった“病蜘蛛ジグザク”の市井遊馬もたっぷり登場して、一山丸ごと手中にするような曲弦糸をみせ、
10歳にして死神の萌太くんは、400人の警備員を一人も殺さずに大鎌デスサイズで刃背打ちにし、
おまけに、崩子ママの闇口憑依まで登場して、あの“人類最強 ”哀川潤を翻弄する。

もちろん、潤さんは40階建てのビルを崩壊させるわ、クレジットカードを見るだけで残高や暗証番号を見抜くわと、相変わず規格外のデタラメっぷり。

さらにさらに、“自殺志願”零崎双識は、あの闇口濡衣を罠にかける“二十人目の地獄”ぶり、中学一年生の子荻ちゃんにストーカー以上のロリコン変態ぶり、と新スキルを披露。
人間失格・零崎人識も、“人喰い”出夢くんと“闇突”玉藻ちゃんにベタボレされる戦闘能力をみせつける。

みんなみんな、番外編ならではの大活躍。

なのに、主役の零崎軌識ときたら、
・弟の人識に対して恐怖感と危機感を抱く
・‘メイド仮面’千賀てる子さんに、殺されたうえ、生き返らせてもらい、心も体も折られる完敗を喫する
・14歳の‘暴君’玖渚友ちゃんにベタ惚れで、足の指をしゃぶらせてもらうために働く
・潤さんにいいように弄られ、これでもかとオモチャにされる
・まだ小学生の萌太くんにビビリまくる

まったくもう良いとこなしの、ダメダメぶり (¬_¬)

本作で、潤さんは闇口憑依と対峙したときに、闇口衆のことを「零崎一賊に比べりゃまだマシだけど」と零崎を評価してるのに、その5年後の戯言シリーズでは、いーちゃんから零崎人識の名を聞いたときに、「匂宮や闇口よりはマシとは言え……」と言ってた。
おいっ、潤さんの中で零崎のランクが下がってるぞ!
さらにサイコロジカルでは零崎愛識なんて偽名まで使われ、もう本当にナメられまくり。

どう考えても零崎株を下げたのはオマエだー (゚听)

そういえば、クビシメロマンチストで人識は潤さんのことを、
「いや、俺も大将に昔聞いたことがあるだけだけどな……」
絶対に関わるなって深く言われてるよ、俺は」
て言ってたな。
よっぽど怖かったんやねえ (^m^)


ところで、軋識にはもう一つの顔があります。
愚神礼賛シームレスバイアス零崎軋識ぜろざき きししき = <バッドカインド式岸軋騎しきぎし きしき
彼は、この事実を零崎一賊にもチームにも、ひた隠しにしてます。

かろうじて正体を知られてるのは“狂獣”綾南豹だけだと思っていたのに、作中の序盤で子荻ちゃんにバレていることが発覚。
ネコソギラジカルでは既にチーム全員にバレてたし、さらに人識にもバレ、人識の会話から既に双識にもバレていたことも判明。
あぁもうバッレバレ (>_<)

それでも、たとえ世界中の人にバレても、愛しき“暴君”友ちゃんにさえ自分が零崎であることがバレなければ、オールオッケーなんです d(^-^*)

ところで、何故に玖渚友は軋識のことを「ぐっちゃん」と呼ぶんでしょう?
式岸軋騎  (しきぎしきしき)
街 (ばっどかいんど)
どこにも『 』なんて入りませんが (・・?

零崎軋識 (ぜろざききししき)
愚神礼賛 (しーむれすばいあす)
どこにも『 』なんて、
……愚神礼賛
』神礼賛
』神礼賛

バレてる!最初っからバレてるよ「ぐっちゃん」!!
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

TOPへ 読書データへ 作品紹介へ



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO