ネタバレ感想
必ず本編を読んでから見て下さい、犯人やトリックが解ってしまいます

ガダラの豚
中島らも実業之日本社624項1993年
  第一部は新興宗教と超能力のトリックあばき。
大生部の妻・逸美の目を覚まさせるミスター・ミラクルの種明かしは痛快。
‘気の子’になった逸美の行動が気になるところだが…。
ここで紹介されてるトリックの幾つかは、仲間由紀恵が主演の「TRICK」にそのまんま使われてます。
  第二部はアフリカの呪術。
呪術とは何なのかにスポットを当て、順序立てて分かり易く説明しつつのアフリカでの大冒険。
この本のクライマックスでしょう、面白かった。
  第三部は、スプラッター…著者が変わってしまった様な感じ。
バキリが志織を取り返しに東京に来るのは怖くて面白いが、内容がイマフタツぐらい。
プロローグで出てきた隆心老師が登場するが特に重要な役どころはない。
あの読みにくい導入部分といい、必要か?
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO