ネタバレ感想
必ず本編を読んでから見て下さい、犯人やトリックが解ってしまいます

腐蝕の街
我孫子武丸双葉社328項1999年
  我孫子氏の考える近未来は、突拍子もないSFではなく、このまま科学が発展していけばありえそうな世界であり、受け入れやすかった。
「ヘテロ」や来客バッチを付けると行き先を示してくれる案内、民営化された高速道路、なるほどなるほどと楽しめた。
  さて、書評で触れた溝口とシンバのキャラクターだが、私は‘京極堂シリーズ’の「木場修太郎」と‘BANANA FISH’の「アッシュ・リンクス」を思い浮かべた。
少し違う点は、木場修はもっと女性に不器用だろうし、アッシュであれば、もっとコンピューター・ネットワークを駆使するだろうが。
まあ、とにかくこの二人は気に入った。
シンバが殺されたと思ったときは、ほんとに悔しかった。
溝口同様あきらめた後、片山から生きていることを聞かされた時は、御都合主義バンザイと思った。(笑)
本編を読んでいる途中から、シンバが大人になり、探偵かボディーガードの様な仕事をしている物語が読みたいと思っていたから。
  なんと続編で「死鑞の街」という本があるそうだ、私の思惑とは違うだろうが、ぜひ読まねば。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO