2016年11月15日(火)
先週末は、高知県の【柏島】へ潜りに行ってきました。



いつもの行程、金曜日の仕事を終えて、近鉄特急に乗り大阪難波へ、難波OCATから夜行バスで宿毛に土曜日の朝7時半着。
宿毛駅でのピックアップに現れたのは、カマヂさん、えっなんで!?
金曜から遊びに来てるらしい、‘立っている者は親でも使え’か(笑)

利用した現地サービスも、当然《AQUAS》。



天気は2日間とも快晴で、ポッカポカ。
陸上はTシャツ1枚で快適、ドライを着るのが暑かった。

11/12(土) 気温:22℃ 水温:24℃ 天気:晴れ
1本目:『勤崎』 透明度:15m 最大水深:45.9m 潜水時間:64分
2本目:『民家下』 透明度:15m 最大水深:23.9m 潜水時間:73分
3本目:『後浜 1番ブイ』 透明度:15m 最大水深:33.4m 潜水時間:78分

11/13(日) 気温:23℃ 水温:23℃ 天気:晴れ
1本目:『松島』 透明度:15m 最大水深:41.7m 潜水時間:70分
2本目:『民家下』 透明度:15m 最大水深:31.4m 潜水時間:74分
3本目:『後浜 1.5番ブイ』 透明度:15m 最大水深:34.2m 潜水時間:82分


狙いは、今回もまた×8、ホムラハゼ。
1日目の民家下では、影も形も見えず、どの穴に居るのかすら分からずに終了 (T_T)
2日目の民家下も、前半は現れず、後半にもう一度寄ってみたら、出てるーーー!!

やっとまともに撮れた、実に8年越し。

2日目は、今まで潜ったことがない、『松島』ってポイントに入ったわ。
『ひょっとして勤崎』と『勤崎』の両方に釣り人が居てボートが留めれず、反転するかと思いきや、さらに先へ。
到着したのは、小さな島(大きな岩)の前、、、「どこココ?」ってカマヂさんとハモッてしもたで(笑)

浅場はテーブルサンゴが群生してて、深場はメートル級のトゲトサカが群生。
深場へ行くほど伊豆っぽくなっていく、ハナダイ系はまったくおらんけどね。
ちなみに-60mまで下りると、オオカワリギンチャクが生えてるらしい。

柏島は、どのポイントでも潜っても、深場〜浅場まで、本当に面白い o(^-^)o



宿は、常宿《別館やまと》。


ただ、今回は食事の準備ができないってことだったんで、夕食と朝食は自前。
アクアスで食べることも出来るんやけど、皆でバーベキューてのは、お兄達すっごく苦手なんで (^_^ゞ

昼食は2日間ともお弁当。


そういや、こないだの須江でもアカマツさんから聞かれたんやけど、アクアスでも‘能登島事件’の事を聞かれた。
「なんで知ってんの?」と聞くと、あの日居た女性ダイバー(初めてなのに説明無しでほったらかしにされてた一人目)がアクアスのお客さんで、さらにお兄のブログを読んだゲストさんからも情報を聞いたって。

アクアスのゲストに、このブログを見てくれてる人がいるって事の方が、お兄は驚いたんやけど (*´д`*)

アクアスで話題になったら、ある程度は噂が広がるやろうし、それで能登島へ行くのを止めて、お兄達のようなイヤな思いをせずに済むダイバーがいれば、日記に書いた価値が有るわ。
もっと話が広がって、あのショップへ行くダイバーが減り、もし店が潰れても別に気にせんし、むしろ爽快ってなもんや (^◇^)

ちなみに、お兄はホソエガサが見たくて能登島へ行ったんやけど、実はもっと手前の【敦賀】のビーチでも普通に見れるらしい。
敦賀なら能登島より1時間半も近いし、来年は《伊藤潜水企画》の伊藤さんに連れてってもらう予定。

帰りの夕食は、《ゆうゆう》。


明日は68年ぶりの大接近スーパームーンらしく、今夜はまだ左下がちょっと欠けてるけど、明るい月やった。

2016年11月28日(月)
先週末は伊豆の【大瀬崎】で潜ってきました。



大瀬に行くのは、7年ぶり、3回目。
前回は、ちびすけsanガイドで1日ウミウシダイビングをして、かまぢsanガイドで1日深場ダイビングをした。

実は、お兄が日本国内で潜った一番最初の場所が、大瀬崎の湾内。
当時、真冬の2月に、ダイバー数は3桁に達するほどいて、人の多さに驚いたのを鮮明に覚えてる。
おそらく日本で一番有名な超メジャースポットなのに、過去2回しか行ったことがないのは、ダイバーの多さに引いちゃったから (^^;)

今回、また大瀬へ潜りに行くことにしたのは、セルフとして楽しめる場所を求めて。。。
お兄ん家からやと、紀伊半島でセルフダイビングをするには須江まで行かなあかん、面白い内浦ビーチは冬のみやし、西側だと白崎なんやけど経営が代わって管理が悪くなった、日本海やと越前などは砂利海底で好きじゃないし。

最近好きなのは、泥地、深場、汽水など。
紀伊半島でも、賀田湾辺りは見込みありそうなんやけど、セルフできひんしな。

ってことで、久々の大瀬崎、新東名高速と伊豆縦貫道が出来てから行くのは初めて。
出発は朝5時、途中で1回休憩し、ショップの駐車場に着いたのは8時、ちょうど3時間やった。

利用した現地サービスは《サンライズ大瀬マリンサービス》。

施設自体は、かまぢsanガイドの時に間借りしたことあり。

今回は土曜日に3本、日曜日に1本、全てガイド付きでお願いした。

11/26(土) 気温:21℃ 水温:20-21℃ 天気:晴れ
1本目:『門下』 透明度:12-15m 最大水深:22.4m 潜水時間:51分
2本目:『先端』 透明度:12-15m 最大水深:21.9m 潜水時間:58分
3本目:『湾内』 透明度:10-15m 最大水深:25.6m 潜水時間:61分

11/27(日) 気温:12℃ 水温:20℃ 天気:雨のち曇り
1本目:『大川下〜一本松』 透明度:12-15m 最大水深:23.8m 潜水時間:63分




特筆すべきレア物はおらんかったけど、お兄的に嬉しかったのは、アカネキンチャクダイ (^c^)

『門下』に棲みついてるようで、キンチャクダイを追い回してた。

『先端』では、ハナダイ系、ベラ系がいっぱい。

アカオビハナダイ、フタイロハナゴイ。

『湾内』はミジンベニハゼがあちこちに。

貝に棲んでる仔が良かったなぁ (^-^)

ニシキフウライウオが多くて、先端、外海、湾内、どこにでも居たわ。


宿泊は、《サンライズ本館》。
サービスの上なんで、移動がなくて楽チン。


1泊2食付き。
夕食は、18時(or18時半)から。


翌朝の朝食は、1本目の時間次第。
お兄達は、7時エントリーにしたんで、1本潜った後、8時半から食べた。


昼食は実費、お兄達はそのままサンライズで食べたわ。

カレーと富士宮焼きそば、う〜ん昼食の味はイマイチ、次回からはカップラーメンにしようっと。

久しぶりに行った大瀬崎の印象は、良い意味でも、悪い意味でも、昔のまま。
7年前と、いや18年前から、変わってないわ。

帰りは現地サービスを10時に出発、静岡SAでお昼御飯を食べて、家に着いたのは14時前やった。
距離としては片道約300kmあるけど、大半が2車線以上の高速道路やから、須江や串本よりも移動時間は短い、渋滞もないしね。

国内で初めて潜った大瀬崎で、1,600本目を迎えました。

2016年11月30日(水)
昨夜放送された『有吉弘行のダレトク!?』で、お兄の写真が使われました )^o^(



先週、放送製作部から依頼があり、快諾しといたんやけど、もう放送って。
結構、撮って出しなんや。

実はこの写真、お兄が撮ったんじゃなくてバディが撮った写真なんよね f(^_^)
HPの写真を使わせてほしいって事やったけど、画像サイズ的に小さいから一応オリジナルデータも添付したのに、放送ではそのまんまやったな。
だから写真右下にはバディのサインが入った画像で、クレジットとして画面の右上に【ダイビング魂】って表示されてわ。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO